Home
Drエバーハルト
精油・エッセンシャルオイル
精油:ブレンドオイル
植物油:キャリアオイル
陰陽五行
ナチュラルアロマコスメ
 ベビーケア
 マミーケア
パートナーの方々
 ㈲リリーライン

ストレッチマークとは?保湿ケアが大切

「ストレッチマークって何だろう?」と疑問に思われている方もいらっしゃると思います。こちらでは、ストレッチマークについてご説明いたしますので、ぜひご覧ください。

ストレッチマークについて

ストレッチマークについて

ストレッチマークとは、急激な体形の変化があったときに皮膚が変化についていけず、肌にひび割れのようにできる跡のことです。

妊娠線や肉割れなどとも呼ばれています。お腹が大きくなる妊婦さんや、短期間で体重が増えた人、短期間で筋肉が付いた人などはストレッチマークができることがあります。場所は主にお腹・胸・太もも・お尻などにできることが多いです。

妊娠中になぜストレッチマークができるのか

妊娠中になぜストレッチマークができるのか

マタニティ中のお腹は、妊娠5か月目くらいから赤ちゃんが誕生するまでの約5か月間という短時間で、急激に大きくなります。肌の表面の皮膚は弾力性があるので、大きくなったお腹に合わせて伸びていくのですが、肌の真皮や皮下組織はそのスピードについていけません。その結果コラーゲンや繊維が断裂します。

皮膚の外側から見るとひび割れたように見えるのです。表皮はターンオーバーによって生まれ変わっていくのですが、真皮のターンオーバーはそう簡単ではありません。

妊娠線を防ぐには保湿ケアが大切

ストレッチマークができづらいように、妊娠中は予防ケアをすることが重要です。肌が乾燥して硬くなっている状態だと、ストレッチマークができやすくなります。妊娠がわかったらできるだけ早く保湿とマッサージを行うようにしましょう。

オイルマッサージ(ストレッチマークオイル)なら保湿とマッサージを同時に行うことができます。ただし、マタニティ中は、香りに敏感になったり、お腹が張ったりすることもありますので、医師に相談してから使用することをおすすめいたします。

ストレッチマークオイルをお探しなら、Dr.エバーハルト社製のストレッチマークオイルを使用しませんか?「マミーケア・オイル」はオーガニック商品で、妊娠線ケア・乳腺ケアに役立ちます。育児の合間のリラックスタイムに、ぜひご活用ください。

マタニティ時にできた妊娠線のケアにストレッチマークオイル

会社名 Drエバーハルト社 日本総代理店 有限会社リリーライン
本社住所 〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色526ー23
Tel/Fax 046-875-8771/046-807-0172
E-メール lilielein@jcom.home.ne.jp
ホームページ http://www.lilie-lein.info/
 Dr.エバーハルト・メソッド

経絡経穴アロマ・トリートメント