冷圧搾  キャリア・オイル  オーガニック

Home
Drエバーハルト
エッセンシャル・オイル(精油)
 2%  10%
ブレンド・オイル
キャリア・オイル(植物油)
中医学・ジェムストーン
ナチュラル・アロマコスメ
ベビー・ケア
マミー・ケア・オイル
パートナーの方々
㈲リリーライン
Dr.エバーハルトのキャリア・オイル(植物油)は、Laconのオーガニック認定を受けています。

オーストリアのオーガニック認定機関ラコン(Lacon)は、EU諸国の中で、最も厳しい認定基準を敷く機関です。

認定機関ではエコサートが一番有名ですが、そのエコサート認定商品を審査する機関です。

Drエバーハルトは、エコサートやUSDAなどの認定を受けた精油や植物オイルなどをLaconで再度、審査してもらいます。

Laconは、エコサートなどよりも厳しい審査基準で審査するため、エコサート認定商品なども、合格しない場合があるほどです。

つまり、ラコン(Lacon)で審査されたオーガニク商品は、100%に近いオーガニック商品ということが言えます。


植物を搾油する方法は、3 通りあります。

① 温度を低くして、器械で植物を圧搾し、搾油する方法   低温(冷)圧搾法
  
  植物の種や実が持つ栄養素や成分がそのまま絞り出されます。栄養価の高い植物油が出来上がります。

② 圧搾で搾油する方法   圧搾法  
  
  圧搾で搾油した後に、塊が残ります。この塊を、徐々に温度を上げて熱します
  
  熱することにより塊からオイルが大量に採れます。大量生産されますが、植物の栄養や成分がかなり失われます。

③ 溶剤(ヘキサン)を使って抽出する方法    溶剤抽出法
  
  抽出後に、精製や脱色を行い、オイルに残る溶剤(ヘキサン)を取り除きます。

  微量の溶剤(ヘキサン)がオイルの中に残留しています。栄養も大きく失われています。
 
  この溶剤のヘキサンは、広範囲の末梢神経の障害を引き起こします。

皮下に浸透する植物油も、口にする植物油も、同じように慎重にお選びください。

植物油は、収穫する時の状況により、色が変わります。常に同じ色のキャリアオイルでにするために

脱色したり着色する会社もあります。

このように植物に人間の手を加えて精製する方法は、扱いやすいかもしれませんが、栄養価がかなり失われてします。


大量生産により、ものは豊かになり、人間の生活は楽になりました。

しかし、大量生産により、ひずみが生じてはいないでしょうか。





プロフェッショナルの方向けの業務用オイル

  
ホホバ・オイル (オーガニック)    1 L、500mL、250 mL 

   セサミ・オイル (オーガニック)    1 L

   スィートアーモンド・オイル(non-オーガニック)  1 L



植物油(キャリア・オイル) 冷圧搾  オーガニック認定

.ローズヒップ・オイル  イブニング・プリムローズ(月見草) ..スィートアーモンド   セサミ・オイル